FC2ブログ

6/19 仙台 唄屋ライブ無料公開のおしらせ

山石敬之 2011 “10 Years Stories”ツアー、
6月19日(日) 仙台 唄屋ライブについて
入場料 (チケット代) を無料で行う事にいたしました。
これは「力になりたい」という想いの一つの形です。

このライブについては、どなたでも無料でご入場いただけます。
※ただし、店内にてドリンクをご購入いただきます。

お近くの方はぜひ気軽に見にいらしてください。
いつもご来場くださるみなさまは、チケット代がない分
できれば喉カラカラで来て
唄屋さんでたくさんおかわりしてください。

※今回の仙台 唄屋ライブについては、チケットを発行しないため
 当初発売日としておりました5/1の電話予約はおこないません。
 ( この日発売の吉祥寺MANDA-LA2,山形Noisy Duck,横浜Hey-JOEの電話予約は予定通り行います )
 また、この仙台 唄屋ライブについては、ご入場も整理番号なしとさせていただきます。

震災からしばらくはライフラインの復旧もままならない中、
店をあけて音楽の灯りをともし続けた唄屋さんにエールをこめて
「よし、行こう!」と思った方、ぜひぜひこのライブにご参加ください!

太郎

山石は意外にいろんな「飾り物」をあちこちに飾る。
スタジオの壁には海外のお面がいくつもかかっていたりする。

そんな飾り物の仲間に岡本太郎がやって来た。
シンブルだった引き出しが今日からど派手な事になっております。


手紙を書く

FC「石の会」で、会員のみなさんと
手紙のやりとりをする企画をしてまして、
山石が手紙を書き追えました。

手紙を出された方はもうすぐお手元に届きます。
もう数日お待ちください。


最後にサイン(署名)を書き込む

暗っ

帰り道はすこし渋滞があったものの
無事東京に到着。
車内ではいただいた差し入れをあれこれ頬張りつつ帰って来ました。

東京の街、暗っ。

20110418033920

広島BIRD

久しぶりの広島BIRD。
地元で待っていてくれた方、
お友達、ご家族連れで来てくれた方、
遠方から足を運んでくれた方、みなさんご来場ありがとうございました。

アンコールでちょっと暴れてマイクスタンドのホルダー壊しました。
鳥越さんすみません!

+ + + + + + + + + + + +
本日のMENU

処女航海
Puzzle
Everything Must Change
-MC-
fragile
Peninsulaの翼
-MC-
SEASONS
誰よりも好きだった
とても子供だった
桜舞う道で
-MC-
Kiss & Cry
抱きしめたい
夢が目を醒ますまで
-MC-
樹形図

《Enc.1》
会わなけりゃ良かった
Urban Spirits
-MC-
夢を見送る夜

《Enc.2》
flowers

20110416233018

広島の手前

今日、明日と大阪を拠点に広島・京都へと移動です。
ただいま大阪に到着。 (写真は途中のSAです))

20110416000355

明日は広島、そして京都

明日、16日(土)は広島バード、
そして17日(日)は京都和音堂です!

西日本の元気をもらいに行きます。
あまり元気のない方には、山石が元気を届けに行きます。
直接会って、顔を合わせて、一緒にライブを作れる幸せ。

山石に会いに来てください。
山石は今夜大阪まで向かいます。ただいま静岡を走行中。

ライブハウスの地図はこちらです↓



広島BIRDは開場17:30、開演18:00
京都和音堂は開場13:30 開演14:00
です。

前売のご予約がまだの方は、Topページの専用フォームからお申し込みください。
携帯の方は、お名前・会場名・枚数をt-town@big.jpへメールでご予約できます。
また当日券もございます。

お待ちしています!!

義援金

昨日は、渋谷TAKE OFF 7でみなさんからお預かりした義援金を
日本赤十字社に送りに行ってきました。

みなさんが募金箱に入れたくれた募金と、
この日のライブ売り上げ、
それに山石個人のポケットマネーをあわせて、計 132,638円になりました。

阪神淡路大震災の時は、赤十字に直接持って行ったのですが、
振込みが多くて大手銀行のシステムがダウンする位だから
赤十字の窓口も忙しかろうという事で、事務所近くの郵便局へ行って
振り込んできました!

西の元気を

夕方のニュースで、全国各地の放射能の観測結果を読みあげていました。
特に大きな変化がなかったせいか、淡々としていて
まるで天気予報のようでした。
なんだか感覚が麻痺していくような感じに陥りそうです。

仙台 唄屋のマスターSannyさんからメールをいただきました。
マスターもスタッフの方もご無事で
たいへんな中ですが、日々お店をあけてライブをされています。

4月7日にやっとガスが通じて、唄屋ではこれでライフラインが
全部復旧したそうです。
とはいえ、やきり周りはたいへんな様子…。


今度の土日は広島・京都でライブです。
本日の山石はすでにライブ用に“通し”でリハを終了、
汗だく済みです。

東京もですが、西日本は東北の分まで元気にしていないと!
広島・京都へのご来場、お待ちしています!

2011年4月8日

ステージと集まってくれたみなさんを見ていて
曲は聴く人のものなんだ、とあらためて思った夜でした。

曲の中にはいろんな人生が登場しますが
脳裏に浮かぶ絵はきっと一人一人違うもの。
ステージから発信された曲が聴く人の中で人生と混ざって消化されて
それぞれの心に落ちて行くのだなぁ、と感じました。


山石も東京で、この時期でのライブ開催について迷った時期もありました。

4.8のステージでした事は、
こんな日々だからこそ、みんなの心に届くよう、力を尽くして唄う事。

山石が自身の迷いに対してミュージシャンとして出した答えは
集まってくれたみなさんに伝わったと感じています。

2011年、未曾有の震災に見舞われた今年、
4月8日、10年目のツアー初日の誕生日の夜、
最後の曲は、この4月8日の為に作った、山石の想いを託した曲です。



「樹形図」

今 僕らは 涙に橋を架けている
声を届けて 想いを運ぶ
やがて 新しい命が生まれる
僕らを追い越し 明日を作るだろう

この凍てついた 
夜の向こうに 必ず

声を合わせて その手伸ばして
顔を上げて 明日を語ろう
失した夢も 消えた願いも全て
確かに預かったと 伝えて

そう 僕らは 樹形図の一枚の木の葉
遥かな過去から 果てしない未来へと


あの荒れた海
越えて行く船 今こそ

声を合わせて その手伸ばして
顔を上げて 明日を語ろう
空に陽が射す 風も収まって来た
歩き始めるための 一歩を

そう 僕らは 樹形図の一枚の木の葉
遥かな過去から 果てしない未来へと
繋がって行く 命ある限り



最新記事
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード