FC2ブログ

ヨンナナへの道 その11

本日もFIELDの営業終了後に山石は唄入れ。
今日はFIELDの営業が長丁場だったのでもともとぐったりだったんですが
さらにくったり。

約1時間ごとに休憩をとりながら、はや3時間。
現在も継続中。
デジャブ?
0318.jpg
カメラを向けられたので、なけなしの笑顔。 (精一杯)

ヨンナナへの道 その10

FIELDの営業後に山石は唄入れ。
ヨンナナのパンフレット付録のCDのためのレコーディング。
この付録CD、未収録曲と再録の曲とあるのですが、
本日の唄入れは後者。

約1時間ごとに休憩をとりながら、はや3時間。
現在も継続中。
ぜえぜえしております。

「そういえば、当時この曲の唄入れ、4日かかったんだった…ぜぇぜぇ」

OH MY GOD!!!

ヨンナナへの道 その9

これを書いてる時点で日付が変わってしまいましたが
今日(と言い張る)3/14のヨンナナ準備は打ち合わせから。

当日、本番中に映像を操作する係、これタイミングとか間違うと非常に痛いので
信頼のおける人に頼みたい役どころです。
誰だ誰だと考えまして、いました、信頼できる人。
10年ほど前までスタッフとしてツアーにも同行していた千葉君。
曲も知ってるしPCに精通してるし。
というわけで千葉君が仕事帰りに打ち合わせに来てくれました。
お久しぶりです。
まぁ、すっかり立派になって。
0314a.jpg

その後19時からは、浅見さん、Yomogiちゃんと三人でコーラスRH。
セットリスト全曲歌って山石クタクタ。

もろもろ終わったところで、メインスピーカーに不具合が出てたので
前面を開けて中の部品を交換。
またもやネジ20本。
ネジはずして、またしめる人生…という訳でブログが夜中になっちゃいました。
なんとなく前に立ってもらって写真を撮ってみる…。
0314b.jpg

ヨンナナへの道 その8

今日は17時から、真國さんと一井さんと3人で集合。
ヒューリックホールで発売するパンフレットに載せるための対談を行いました。
真國さんがうしろにスケジュールがあるという事でこの時間になったのですが
SCRAMBLE時代の話、それからその後の30年の話、というコンセプトだったところを
話はあちこちに展開し、結局19時に。
たっっっぷりいろんな話をして頂きました。
真國さんの花粉症を、そんなもんは気合いで治るんだよ!と言い張る一井さんの話とか
使う場所あるかなぁ…

その後は息つく暇なく、やはり4/7で使用するイメージ映像の追加撮影。
日が落ちて急に寒くなった中、がんばっていただきました。

そして今日は、先日撮影した荒川河川敷の映像が到着。
仮編集していただいたものとなんと27GBもある(!)撮影データをもらって、こちらで更に編集する事にしました。
またやること増えたぞー。

更に、4/7は、記念にGOODSを1つだけ発売する予定なのですが
そのサンプルも届く。
ちょっとシックでいい感じになりそうです。

更に、当日はFIELDの若手出演者勢がロビーでの案内などのスタッフとして
10人以上手伝ってくれる事になっておりまして、スタッフと分かりやすいよう発注した
スタッフジャンバーが到着。
事務所にじわじわ段ボールの山が増えつつあります。
shareimage20190313_202328.jpg

3.11

みなさま、今日3.11はどのように過ごされましたか?

「いつも通りお家に帰りましょう」という意味を込めて
敢えてFIELDは通常の営業です

ヨンナナへの道 その7

ヨンナナ、ヒューリックホールではパンフレットを発売します。
山石をはじめ、真國さんや一井さんのインタビュー、などなど読み物も満載ですが、
このパンフ、なんと特典CD付きでございます。

で、本日はその特典CDに収録する曲のレコーディング。
昼間はバイオリンの“ゆさ”さんの録り。
ゆささんは、もともと水島裕さんのライブでしりあった、山石が信頼するバイオリニスト。
そば好きが高じて、蕎麦鑑定士1級、そばソムリエ、そば打ち2段を持つという
「そば素人」にはもはやよく分からないほどの黒帯感を持つ方です。
7/21 南青山MANDALAでの水島裕さんのライブでもまたご一緒します。
(昼間の写真撮り損ねました…イタタタ)

夜からは、ギターの藤代さんの録り。
アコギにエレキにエフェクターにと機材山盛りでの登場。
世代の離れたこの二人、山石さんから藤代さんへはいろんな経験の話やアドバイス、
藤代さんから山石さんへは新しい音楽ソフトや若手の状況など
年齢が離れていても意外に話が尽きないのが面白い。
090310.jpg


ヨンナナへの道 その6

昨日3/7は、2部にわけてのリハーサル。
14:00から18:00まで、そうる透さんと藤代佑太郎君と。
(ちなみに藤代君はクレジットでは二人目のギターになっていますが、
実はクリックなど同期ものの操作もするというマニュピレーター的な役割も担っております。
なのでギターの横にはノートPC。そして譜面はあらかじめ写真に撮って読み込んであるipadで見る。
26歳、デジタル世代 ! )

入替えの隙間には、舞台監督をお願いした川口さん、照明の露木さん、PAの秋元さんに来て頂いて打ち合わせ。
(照明の露木さんは、池袋FIELDの照明設計をしてくれた方。秋元さんと露木さんは、FIELDで重大な機材トラブルが勃発した時に光臨してくださる“神”なのです。)

18:00〜22:00が浅見昂生さんとYomogiちゃんとのコーラスRH。
コーラスリハは、今はまず主メロがない状態で、各々どう歌うかをやってから、その後3人で同時に歌うという流れ。
主メロ無しで、コーラス単独で聞くと「よくこんな複雑なもん覚えられるな〜」とあらためて驚嘆。
ましてやコーラスのお二人にとっては全部新曲な上に曲数も多いのに !

山石的には8時間の長丁場となったリハーサル。
しかも、本日の山石、筋肉痛でお尻が痛いらしい。
昨日の撮影で、でこぼこの草地や、意外と起伏があるフワフワの原っぱを何度も走りましたからね〜。

でも山石は元気です。
その証拠に、ちからいっぱい弾いて鍵盤1つ割りました!
真ん中でポッキリ折れて真っぷたつ。…えーーーん(涙)
明日FIELDの営業でピアノを使うので、RH後ドラムとかもろもろ片付けてから
エレピをがばっと開けて鍵盤を外して応急処置。
みなさまご存知の通り、すばらしいピアノなんだけど
もうちょっとネジが少ないと助かるなぁ(ネジを20本位はずさないと開かない)
そもそも、普通は自分で開けたりしない前提なので仕方ないんですけどね。

だってたいていの人は鍵盤割らないから。
鍵盤割らないから。

img20190307_192949.jpg img20190307_193010.jpg
コーラスのお二人、後ろ姿でごめんなさい。手前はPAの秋元さん。

ヨンナナへの道 その5 〜スタート編〜 

ヒューリックホールまで、あと一ヶ月となりました。

始まりは一年以上前。
2019年の4月8日は月曜だから、その前日にホールコンサートをやろうと思う、と山石。
会場をホールでですか?と問うスタッフに山石は答えました。
「大きなホールでやる。これは私の音楽人生、最後の大勝負だから。」

演者、スタッフ、そして観客、
これまで関わって来た人を総動員して、みんなを巻き込みまくったコンサートにする、と。

そこからホール探しがスタート。実は別の候補会場があったのですが、そこのスケジュールは
かなり近くならないと決定がでないと分かり、迷っていたところで見つかったのがヒューリックホール東京。
その時点ではまだ映画館として最後の営業をしており、ちょうど翌週にクローズして
改装前に内覧会をする、という事でちょうど見学ができ、日程を押さえました。
後日に正式契約となるのですが、これが会社組織じゃないと貸せないという事で
なんと、ティータウンミュージックを合同会社にして登記する事に。
そこから? そして今さら? 道が遠っっ!

そこから山石はいろんな人に声をかけ始めました。
今回、SCRAMBLE 相澤さんの出演はかないませんでしたが、
真國さんと一井さんの参加が決まり、ステージのイメージが見えてきました。

昭和どころか平成が終わるという今、演者も歳を重ねました。
十代の頃よく聞いていたバンドのメンバーさんが、
事故や病気で倒れたり、亡くなったりというニュースを耳にして
切なくなる事が最近急に増えた気がします。
「あの頃」観ていたバンドが、ミュージシャンが、今も活動をしていて、また会える、
その事がひどく貴重な事に思えるのは、こちらも歳をとったからでしょうか。

スタッフをしていると、逆にもう会えなくなってしまったファンの方がいます。
元気でいてくれたら、きっと駆けつけてくれたよね、と顔を思い浮かべて思うのです。

だから4月7日は、ぜひ足を運んでいただきたいのです。
演者のために。みなさんのために。
これを機会に古い友人に声をかけてみていただけませんか?
あの時代を共に過ごした者同士が集まれる、最後の大きな祭典なのです。
08.jpg

ヨンナナへの道 その4 

昨日3/6はヒューリックホールで使う映像の撮影で荒川に行って来ました。
荒川と隅田川とを仕切る岩渕水門で撮影班と合流。
ちなみにここは「東京大洪水」という小説の中のワンシーンに出てくる場所で、どでかい水門と大きな川に挟まれた“抜け感”のある見晴らしの良いロケーション。
お天気は完全な曇り空ですが、雨じゃないだけ良しとしましょう。
映像会社さん、もちろん何台もカメラを駆使して撮るのですが、なんと途中からドローン登場!
最新!
被写体を中心点として旋回しながら飛ぶ、みたいなプログラムがあるそうで、山石はSF映画でなんかのメカにロックオンされてるターゲット状態。
山石の上を上昇しながら旋回するドローン。
そして画角に入るまいと逃げ惑うスタッフ。
映像班のスタッフさんの号令で、うちのスタッフも一緒に陰になる土手の下へ必死で退却。
なにこれパニック映画?

日暮れまで2時間ほどカメラを回して、撮影は無事終了。
ディレクターさんの指示で回ったり走ったりの山石はだいぶお疲れのご様子。
いやー、まじお疲れさまでした。
01.jpg
ディレクターの白坂さんとモニターでチェック

02.jpg
左はメイキング撮影の宮原さん。FIELD TVのディレクターです。

03.jpg
だだっ広い場所なんです

04.jpg
ドローン旋回中

05_2019030801104058d.jpg
この後、逃げ惑う事になる両陣営スタッフの面々

06.jpg
だいぶ暗くなって来たが薄暮がいい感じとの事で粘る

ヨンナナへの道 その3 

明日は映像の撮影に行きます。
外ロケなので、数日前からずっと天気予報を気にしていたのですが
天気もぎりぎりいけそうです。
(来週にもいちおう予備日をとっていた)

映像に組み込む“歴史写真”も映像班の方にお渡しする事になっていて
事務所の倉庫棚の奥深くから段ボールを発掘中。
これからスキャンします。
0305.jpg

ヨンナナへの道 その2

会場のヒューリックホール東京はもともと映画館だったところをホールに改修したハコ。
なので、せっかくだからある物は使おうという事なのか(?)、
ロビーにがっつりとドリンクカウンターがあって、それでホールなのにドリンク付きというシステムなのです。
なにせ元映画館だから、客席シートにドリンクホルダーがあるのです。あら便利。

そしてもちろん映像も出せるという事で、そう言われると、せっかくだから使おうか、となりますね。
という訳で、映像を作ってくれる会社さんに使用する音を渡さなきゃいけない日付が迫ってまして
昨日はFIELDの営業終了後、スタジオに戻って音作り。
やれる事が広がると、やらねばならぬ事もまた広がるのでした。
0303.jpg

ヨンナナへの道 その1

昨年から準備を進めて来た、4/7ヒューリックホール東京。
2月中旬からパートごとに数人づつ集まってリハーサルをしてきましたが、2月28日、いよいよ全体リハーサルが始まりました。

ここまでの準備のネタも貯めていたのですが、なかなかupできず…
現在進行形のこと、ここまでの事をとりまぜながら
ここから日々レポートしていきます。
ごぶさたしてしまってすみません。
よろしくおつきあいくださいますようお願いします <(_ _)>

そういうわけで話はいきなり、2/28(木)。いよいよ全体リハーサルが始まりました。
福田真國、一井雅樹に加え、ドラムにそうる透さん、コーラスに浅見昂生さん、そこに池袋FIELDの若手出演者勢から、山石がサポートに選んだ実力者、藤代佑太朗(G)、Yomogi(Cho)を加えた7人の大所帯。
初顔合わせとなったこの日のリハーサルではもっぱら一井さんとそうるさんがムードメーカーで賑やかな雰囲気です。

0302b.jpg

リハーサルは基本的に池袋FIELDで。
大所帯なので客席もつかって、全員真ん中向きでセッティング。
14時〜20時までとなかなかの長丁場で、1曲づつ細かい確認をしながら進みました。
この後は、またしばらくパートごとのリハになるので、せっかくなので集合写真。
0301a.jpg

ここまで打ち合わせや、リハーサルのための譜面や資料作りなど、地味で手間のかかる作業をこつこつ準備してきた山石ですが、ミュージシャンが勢揃いして、いよいよ大きな祭りの雰囲気が盛り上がって来ました。

ところで、このRHでは池袋FIELD出演者勢から、アーティストの田森理生くんがPA側のスタッフとして手伝いに入ってくれました。
そして、そうるさん同行のお弟子さんのお名前が、がくと君。
という事で
0302c.jpg
なんかスタッフの “ゴールデンタイム感” が凄い。

2018年の終わりに



秋ツアーファイナル、京都和音堂が昨日無事終了しました。

昼のライブが押していて、やや遅れての搬入で、
開場が15分押しに…
寒い中お待たせしてすみませんでした。
ファイナルの何が特徴かって、山石の「とにかく全部出しちゃえー」と言う勢いですね。
喉もパワーも使い切って全部ぶつけて帰ろうというステージ。
また後日アップしますが、取り急ぎちょっとだけ写真を。


今年も各地でのライブ、いろんな企画へのご参加ありがとうございました。


2019年、山石は還暦を迎えます。
既にあちこちでお知らせしていますが
誕生日の前日、2019年4月7日
ヒューリックホール東京でコンサートをぶち上げます!

なかなかデカいホールです。
かなりの大ごとです。
その位置づけは

「山石敬之の音楽人生、最後の大勝負」

です。

これまでかかわってきた人脈、総動員で声をかけて、作るコンサートです。

下準備をじわじわとすすめて来ましたが
年が明けたら、4/7 ヨンナナに全力を注ぎます。

ヨンナナはみなさんの協力無しには成り立ちません。
このコンサートの成功に、みなさんの力を貸してください。


今年も応援ありがとうございました。
みなさま、よいお年を。

クリスマスからの年末年始

12/25 Christmas Night,
たくさんのご来場ありがとうございました。
今回はBass一井雅樹登場!
とりいそぎ写真をちょっとだけup。
aP1610202.jpg

aP1610207.jpg

一井さん、あんまり変わってないですね〜
見た目もキャラクターも(笑)

今度もう少し様子と写真をupします

年内、山石のステージはあと2本。
12/28(金) 石村吹雪「何様で行こうか」@池袋FIELDにゲスト出演。
石村さんと二人で昭和の名曲をカバーするユニット「西池袋軽音楽部」と、
そのあと山石単独のステージもあります。
なんやかやで1時間くらいのボリュームがありますので
お時間ある方はぜひ!
開場18:30、開演19:00 19:00から西池袋軽音楽部、そのまま引き続き
山石のソロステージです。
尚、この「西池袋軽音楽部」はたまに開演時間前からステージでしゃべり倒している事もあるので
余裕がある方は開演10分前くらいに居た方が安全かも。
(この日そうなるかは神のみぞ知る…)

そして次は12/30、京都和音堂にてこのツアーのファイナル!
今年最後のステージです。
ぜひぜひご参加ください!
開場17:30、開演18:00です。
年に一度の、「明日」を考えない、振り切ったステージです。
終演後は、引き続き和音堂にて、ぐったりした山石を(笑)囲んでの打上げもあります。
ツアーファイナル&忘年会(!?)、京都で過ごしましょう!!

upしたかった写真



ブログを書かねば書かねばと思いながら、クリスマス、年末の準備も含め
日々のあれこれに追われて時間が飛び去っていく12月でございます。
みなさま、あちこちへのご参加、いつもありがとうございます。

あげられなかった写真を放出。
鈴木トオルさんのライブRHと
12/25FIELDクリスマスライブのリハーサルを一井さんと!

SPECIAL GIG

先週、吉祥寺シルバーエレファントにて行われた、
爆音のSPECIAL GIG。 
SPECIAL爆音 GIGと言った方が近いか。
ご来場のみなさま、ありがとうございました。
スタッフも爆音にはわりと日々慣れていると思っているのですが、
リハの段階で既に耳がキーーーンとなっておりました。

リハ中に、米川さんがPAさんに
「僕のモニターにドラムもうちょっとくださーい」と言ったときには、
演者、各スタッフ全員から「えぇ〜〜っ!?」という声があがりました(笑)
(↑長谷川さんのドラムの音が聞こえないほどギターアンプの音量がでかい。
すぐ横なのに。すぐ横なのに。)
みさなん、あらゆる音量を盛っていく、
下げる事をしない 大人げない GIGなのでした。

ひさびさのバンドスタイル、しかも皆様激うまのこのGIGは
すみずみまで楽しい。
日々いろんなレベルの音楽に接していると、体に染みます。
あぁ、うまいって、素晴らしい。
img20181121_182604.jpg

img20181121_182709.jpg

そして今週、11/24(土)は、池袋FIELDにてライブ。
12月は、前回のMacさんに続き、一井雅樹さんとのステージ、そしてセトリもクリスマスメニューなので
FIELDでやる秋ツアーでの単独でのライブは、ここが最後になります。
この秋ツアーをもう一度おさえるべく、ぜひご来場ください。

ただし、一人でもやっぱり爆音です。

スピーカー飛びませんように…

仙台&山形ツアー、ご来場ありがとうございました。
山石号は昨夜24時前くらいに到着しました。

さて戻ったら今週は永井敏己presents SPECIAL GIG@吉祥寺 の準備です
ひさびさの爆音4人組のみなさん。
ずいぶん前の写真ですが再掲載。(これ大阪ですね)
shareimage20181112_181544.jpg

- SPECIAL GIG -

●山石敬之(Key.Vo)・米川英之(G.Vo)・永井敏己(B)・長谷川浩二(Dr)

11月15日(木) 吉祥寺 SILVER ELEPHANT
Open 19:00 / Start 19:30
前売¥4.000- / 当日¥4.500- (ドリンク別・¥ 500~)

シルバーエレファントwebはこちら→GO

Mac &…





前回27日、FIELDでのライブ、
ご来場ありがとうございました。

ナマで真國さんのギターが乗ったサウンドを
やたら爆音で(笑)お届けしました。
いや~かっこよかったですね~。


そして実は客席にはもう一人…
ベースの一井さんの姿も!

なんと今年のクリスマス ナイトに、今度は一井さんがステージに登場します!
元R'の皆様には、スペシャルなプレゼントとなるステージになりそうです!

その前に!
今週末は、東北ツアー。
仙台&山形です。
ライブステージは一期一会。
山石、五十歳代最後の東北ツアー、
お誘い合わせの上、会いに来てください。


明日はMacとFIELD


明日は真國さんとのライブ!
見逃さないで!!

秋ツアーに古くて新しいあの人が

2018 秋ツアー“SCRAMBLE”
今週土曜日、10/27は秋の3本目、池袋FIELD。

10/27は、なんとguitar福田真國、Macが登場します!!
真國さんのギターが入ったあの曲やこの曲。
必見の仕上がりとなっております。
(ギタリストっでずるいよね。
爆音とかっこいいリフで、おいしいところを鷲掴み!)

今日はFIELDにて真國さんと最終リハーサルです。

10/27(土) 池袋FIELD
開場17:00 開演17:30です。
ご予約がまだの方は下記までメールにてお申込みください。

お 見 逃 し な く !!


■送り先 t-town@big.jp
■件名: チケット予約 
■本文 : 公演日・枚数・お名前・(FC会員の方は会員番号) 




最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード